東大卒専業FXトレーダーの30代早期リタイヤ日記

東大卒専業FXトレーダーの日常。左サイドバーのお勧め記事(特に早期リタイヤ資金を稼いだ方法)を閲覧推奨!ループイフダンのトレード日記もつけてます。著書好評発売中!雑誌「FX攻略.com 」連載中!

青色申告


FXを青色申告するため帳簿をつける

こちらでも紹介した通り、節税のため青色申告をしています。
 
なので損益や経費を全て複式簿記で記帳しなければなりません。
フリーソフトで簡単に入力できるのですが結構面倒な作業です。

青色申告特別控除が65万円でFXは分離課税で税率20%なので13万円も節税できるのでやりますけどね。

毎年12月に1年分まとめてやるので結構大変な作業になります。
んで、毎年思うことですが、FXの月ごと利益を出すのが面倒くさいです。

FXだと普通は(青色申告しない場合は)年間利益をまとめて申告するだけなので月ごとのフォーマットがない業者が多く、年間分をまとめてダウンロードして月ごとに集計し直す作業が必要です。

より厳密に言えば1日毎に記帳しなければならないそうですが、簡単のため月ごとでもよいそうです。
その理屈なら年間分もまとめてもよさそうなのですが、そこまでは認められないらしい。

また、入出金履歴とかも全部書かないと行けないのも青色申告ならではでしょう。
普通は損益だけ書けばいいですからね。
どこのFX業者の口座にいくら入れたみたいのを全部調べるのも面倒です。

経費とかも1件1件入力する必要があります。
普通に雑所得で申告する場合は年間分の通信費がいくらみたいな感じで項目毎にまとめられるのでやっぱり青色申告の方が大変。

この労働の対価が13万と思えば仕方ない気もしますですが、もっと楽になればいいのにと思います。
フリーソフトで記帳できるだけ昔よりは楽なんでしょうけど、簿記とか会計って地味な作業が多くてうんざりします。

せっかくループイフダン(左サイドバー上部リンク参照)で稼いだ利益も20%も国に取られると思うと本当に悲しいです。。

★★★ ブログランキング参加中!1日1回クリックお願いします↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

【FX個人事業主で青色申告する方法】早期リタイヤしたら青色申告した方がいいです

私はFX取引から「事業所得」を得ている個人事業主として青色申告しています。
その経験から考えると、早期リタイヤして株やFX、アフィリエイトで稼いでる人は青色申告した方がいいと思います。

株利益については、増税前は分離課税で税率10%と優遇されていたので敢えて青色申告する必要がなかったのかもしれませんが、今はFXと同じく税率20%であり条件はほぼ同じです。
特定口座制度なるものがある点でFXとは相違しますが、これに頼らず自分で確定申告してもよく、その方が節税になる場合があります。

株利益については下記デメリット(免除が受けられない)が大きいかもしれませんが、FXやアフィリエイトについては大きなデメリットはなさそうです。

なお、サラリーマンでも副業を事業所得として青色申告することが可能だという情報も一応ありました。
http://www.sumoviva.jp/knowledge/tax-return-3.html
青色申告ソフト(会計ソフトの弥生)を販売する会社の情報ですのでバイアスがかかっている可能性はあります。
 
サラリーマンが副業を事業所得として申告し経費を計上して赤字にすることにより還付金を受け取るという節税法が広まっているようですが、この節税方法の通りに副業が事業所得として認められるなら青色申告できる可能性があります。
(追記:税理士に確認したところ、副業は事業所得の要件(下記)を満たさず雑所得に該当するものなので上記節税法自体が違法であり、追徴課税される危険性が高いので、サラリーマンが副業経費で還付金を受け取る方法は推奨しません。サラリーマンがFX取引を事業所得にすることも同様の問題があるそうです。)

また、ここでは紹介しませんが法人化して節税する方法もあり、特に収入が多い場合に有効なようです。

★青色申告のメリット。
●青色申告特別控除65万円。
複式簿記で青色申告すると青色申告特別控除65万円(簡易記帳の青色申告でも10万円。ちなみに、2014年から白色申告でも記帳が義務化されています。古い情報のサイトが多いので注意。)が適用されるので、株やFXの場合税率20%の13万(2万)も節税できます(アフィリエイトは収入に応じて税率が変わります)。

●経費をつけられる。
これは青色申告のメリットというよりは利益を事業所得として確定申告する際のメリットなのですが、青色申告するには利益を事業所得として税務署に申告する必要があるので、ここに書いておきます。

家賃や通信費・電気代、手数料、パソコン代等、事業所得を得るために必要だった経費を計上できその分だけ節税になります。
日常生活にも用いるもの(家事上の経費)は按分(あんぶん。事業用と日常生活用の割合)して計上します。

●損失を3年間繰り越せる。
株にも損失繰越制度はありますが、アフィリエイトで経費がかさみ損失が生じた場合などはこの制度が役立ちます。

●家族への給与が全額必要経費にできる(青色事業専従者給与)
幾つか要件がありますが、利用できれば結構節税になります。

●肩書が無職ではなくなる。
元々、自営業を名乗るために手続きは必要ないので青色申告しなくても自営業と名乗ることはできるのですが、青色申告するときに開業届を出すので一応法的にも認められた肩書として自営業(個人事業主)となることができます。

再就職する可能性がある場合は、再就職の際に肩書や所得を証明できる手段になるので有利です。 
また、早期リタイヤにあたり肩書を気にする方がいるらしいので、その方にとってはメリットになりえます。 

★青色申告のデメリット。
●帳簿をつけるのが面倒。
面倒なだけで難しくはないので「65万×税率」も節税できるならやった方がいいです。
帳簿作成のフリーソフトがあるのでエクセルのように入力するだけであり簡単です。

FXや株の場合、取引の回数が膨大なので記帳も大変と思うかもしれませんが、月単位での損益をまとめて計上すればよいのでたいした手間ではないです(税務署確認済み)。
難しいので税理士をつかないと無理などと書いてあるサイト等もありますが、全然そんなことはないので自分でやった方がいいです。(もし税理士に頼むなら、それだけで何万もかかるので節税効果との兼ね合いで決める必要があります。)

仮に帳簿に間違いがあっても単なる記入ミスや書き忘れなら追徴課税されることはなく、修正申告して差額を納めれば終わりなので、帳簿作成にそれほど神経質になる必要はないそうです(税理士確認済み)。
高額な利益で記帳すべきものを故意に除外したというような悪質な事例では追徴課税もあり得ますが、普通はそんな悪いことはしないですし、その立証責任は税務署にあるのでまず追徴課税はされません。

ちなみに、どうしても複式簿記で帳簿をつけるのが嫌だという人は簡易記帳の青色申告にすれば多少は記帳が楽になります。
これだと控除額が10万円(節税額は 10万×税率)に下がってしまうのであまりお薦めしませんが、記帳が簡単というメリットがあります。

●税務調査される可能性がある。
調査件数から考えると税務調査される確率は数%程度らしいのですが、書類を準備する等の対応がちょっと面倒くさいです。
通常は何かしら追徴できるアテがある所を選定するし、調査官も手ぶらで帰る訳にもいかないので、何かしら突っ込まれて追徴課税される可能性が高いです。
所得が多い人や怪しい経費が多い人が対象となることが多いようです。

FXに関して言えば、青色申告でなくても、調査される可能性はあり、青色申告するとその可能性が高くなるという訳ではありません。
一般的には調査が入られやすいのはいわゆる申告漏れがありそうなケースですが、FXだとFX業者から取引利益が全て税務署に報告されているので、そもそも申告漏れがあるか否かは詳しく調査しなくてもすぐにわかります。

なので、FX利益の申告漏れがあればほぼ確実に調査されます。
FXが流行る前は税務署もこの分野に弱く調査されないケースもあったようですが、今は通用しませんし、マイナンバーが導入されたことによりさらに申告漏れに厳しくなりました。

なお、税理士に聞いた話では、FX利益を青色申告していると詳しく帳簿をつけていることが確かなので、むしろ調査されにくいそうです。
無論、経費を過剰に計上しているとか、サラリーマンでFXが主たる所得ではないのにFX利益を事業所得として申告しているような悪質なケース(本来は雑所得として申告すべき)では調査される可能性が高くなります。

●国民年金や国民健康保険の免除が得られなくなる可能性がある。
現在の特定口座制度には抜け穴があり、国民年金や国民健康保険の免除審査では特定口座内の利益は計算されないらしく、株でどんなにたくさん稼いでいても免除が受けられるそうです。(これは制度上の問題であり、この恩恵を受けている人も、この問題を放置している行政、政治家も非難されるべきだと思います。)

青色申告すると節税(65万×税率)にはなるのですが、株利益が大きい場合だと免除が認められず年金(最大約18万)や国保(最大約80万)をたくさん払う必要があるため、節税額以上の出費になる可能性があります。
ですので、株の利益が大きい人は税制改正によりこの抜け穴(株の特定口座制度)が潰されるまでは青色申告しない方がお得です。

株とアフィリエイトの収入がある場合は、上記理由によりアフィリエイトの収入だけを事業所得として申告する方がよいかもしれません。
アフィリエイトは雑所得と扱われることが多いですが事業所得に出来ない訳ではなく、雑所得の場合は控除がなく利益が20万までなら確定申告しなくてよいとされているだけなので、青色控除65万の方がお得です。

私のようにFX利益のみの場合は特定口座制度の抜け穴を利用できないので、この項目は当てはまらず青色申告した方がお得です。

●株やアフィリエイトが事業所得になるのか。
青色申告するには税務署に「開業届」と「青色申告承認申請書」を提出する必要があり、ここで株やアフィリエイトを「事業所得」として申告する必要があります。
税務署が事業所得と認めるには下記の要件が必要とされています。

事業所得とは、『自己の計算と危険において独立して営まれ、営利性、有償性を有し、かつ反覆継続して遂行する意志と社会的地位とが客観的に認められる業務から生ずる所得をいう』[2]。(最高裁判決) 
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%BA%8B%E6%A5%AD%E6%89%80%E5%BE%97

難しい用語が並んでおり具体的な基準がわかりにくいですが、年に何回も株取引するような人なら問題ないと思います。
ちなみに、FX取引が事業所得になるかを私が税務署に聞きに行った時は、前例があるから大丈夫です、と即答。本当に一言で終わりました。
 
わざわざこの判例等を調べて色々主張する気マンマンだったので拍子抜けした記憶があります。
FX取引が認められるのに株取引が認められない理由を考える方が難しい位なので、株取引も問題なく認められると思います。

アフィリエイトも定期的にブログを更新しているとか、ある程度の収益が得られている場合なら問題なく事業所得として認められると思います。
ネット情報によると、これは前例が多いようなのであっさり通ると思います。
アフィリエイトの場合、開業届を出す際は職業欄に「文筆業」と書くと個人事業税がかからないのでお得なようです。

★まとめ。
以上まとめると、
FX、アフィリエイトは青色申告がお得。
株取引では、利益が小さい場合は特定口座ではなく青色申告がお得。

株取引での目安は経費を引いた後の株利益で言うと、基礎控除38万+青色申告特別控除65万=103万円あたりでしょうか。
これ以内なら青色控除のお陰で税金をゼロにできお得です。
これを超える場合は年金・国保の減免や負担率を考慮しつつ決める必要があります。

●実際に青色申告する前に。
青色申告するためには自分で帳簿をつける必要があります。
下記のような本を一冊読めば誰でもすぐに理解できます。

最初はハードルが高いように感じるかもしれませんが、実際にやってみるとただエクセルに入力するだけの単純作業です。
本を読むのに1時間、帳簿作成に数時間だけで終わります。
これで65万円も控除が得られる(「65万×税率」も節税できる)ので絶対にやるべきです。

私のオススメは以下の本で、青色申告用の帳簿作成ソフトがセットになっておりお得です。
アマゾンでもベストセラーです。

私もこれを使っていますがとても簡単&使いやすいのでお薦めです。
2017年度版となっていますが、よほど複雑な法改正でもない限りずっと同じソフトが使えるので買って損はないと思います。

【2016-2017年度版】フリーランスのための超簡単!青色申告 事業所得用・申告ソフト付(Windows用・ダウンロード版)


一番有名な青色申告作成ソフトは以下の「やよいの青色申告」ですが、値段が高めなのでどちらかと言えば、上の本とソフトの方がいいと思います。
FXや株、アフィリエイトのような簡単に記帳できそうにない分野の事業を行う場合などでは、以下のソフトの方がよいのかもしれません。

やよいの青色申告 17 通常版 <消費税法改正対応>


★早期リタイヤ資金を稼いだ方法も紹介しているので参考にして下さい。

なお、私は税理士ではないので税金に関する質問等には税理士法によりお答えできません。ご了承下さい。(ヤフー知恵袋等でよく税金の質問を素人が答えてますが、厳密に言えばあれは全て税理士法違反だと思います)

●参考にしたサイト。
税率が10%の時に書かれた記事ですが現在でも通用する記述があります。
専業株式投資家でも青色申告できる? http://oshiete.goo.ne.jp/qa/7431670.html
株式投資での個人事業主 http://profile.ne.jp/ask/q-31799/ 

★★★ ブログランキング参加中!1日1回クリックお願いします↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

早期リタイヤしたきっかけ・経緯

早期リタイヤについていくつか記事を書こうと思っています。
今回は最初なので早期リタイヤしたきっかけ・経緯等を簡単に紹介します。

私が辞めるきっかけとなったのは、投資をしていたことと、早期リタイヤというものを知ったことです。

●投資で成功。
投資をしていると利益目標を考えます。毎年何パーセントで運用したらいつまでにいくらになるとか、色々考えるのが普通です。
実際に投資がうまくいっていたこともあり、そういう計算をしているうちに、投資で稼げるなら会社を辞めてもいいんじゃないかと考えるようになります。
 
仕事が嫌いじゃなくても自然な発想だと思うのですが、価値観によってはそうでもないようなので、ここでは一応私の個人的な考えということにします。

●早期リタイヤを知る。
そんなある日、5000万円貯めて33歳で退職し無職生活しているという「ぬこ」さんがネット上で話題になりました。初めはそんなの無理だろうと思っていたのですが、色々調べているうちに早期リタイヤというものを知り、実際に実行している人を発見します。mushoku2006さんを知ったのもその頃です。

ネット上ではぬこさんの計画は無謀だという声が多かったんですが、私は実行可能だと思いました。
mushoku2006さんのように年間100万でも生活できるし、不測の事態もある程度の貯金があれば十分対応可能です。
 
安全性重視の投資でも1,2%の運用するのは容易だと思うので、平均寿命までそのお金で生活できる可能性は高いです。
何らかの理由でお金が足りなくなったら再び働けばいいし、本当に再就職できないなら法律上生活保護を受けられることになっています。
 
(なお、現実にはぬこさんは株で大損し再び働くようになったようです。投資スキル、リスク管理能力がない人はこういう失敗をする可能性があるので注意が必要です。)

早期リタイヤに必要な最低額はその生活費や資産運用計画によりますが、当然ながら資産は多いほうが安全です。
そこで私はここまで貯めれば絶対安全という数字をある程度余裕を持って計算し、その金額になったら辞めようと決意します。
 
ちきりんさんのブログで仕事を辞めたり転職することについて柔軟な考えを持つようになっていたので、辞めることに特に抵抗はなかったです。

FXで順調に資産を増やせたこともあり、2012年に無事予定通り30代で早期リタイアしました。
その後はFX専業トレーダーとして生活しています。
青色申告するため税務署に開業届を出しているので公的な肩書は個人事業主とか自営業者ということになります。

会社を辞めて後悔したことは全くありません。
自由最高!と思います。

ネットで調べた感じだと、自由が好きな人だけでなく、色んな理由で早期リタイヤを目指す人がいるようです。
もし早期リタイヤしたいと思うなら、まずは情報を集めることをお勧めします。
個人的にはmushoku2006さんの生活ぶりを見るのが最も感覚的にわかりやすいと思いますが、私のブログも何かの役に立てれば嬉しいと思います。

★★★

早期リタイヤについては他にも色々書きたいと思っていることがあるので、後日別記事にしようと思います。

★★★ ブログランキング参加中!1日1回クリックお願いします↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
★私の本が出版されました!★↓

マンガでわかる FXの新常識ループ・イフダンでらくらく稼ぐ

七瀬です。FXで成功し30代で早期リタイア。ループイフダンの第一人者。雑誌連載中&著書好評発売中!

★お薦め ループイフダン検証ブログ  
アーカイブ
ランキング、RSS
ブログランキング参加中!1日1回クリックお願いします↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

セミリタイア ブログランキングへ

icon_rssRSS





★1日1回クリックお願いします↓
ブログランキング参加中!1日1回クリックお願いします↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

セミリタイア ブログランキングへ 雑誌「Yen SPA!」に掲載!ちきりんはSPA!が好き
記事検索
著作権等について
メッセージ
著書好評発売中!