東大卒専業FXトレーダーの30代早期リタイヤ日記

東大卒専業FXトレーダーの日常。左サイドバーのお勧め記事(特に早期リタイヤ資金を稼いだ方法)を閲覧推奨!ループイフダンのトレード日記もつけてます。著書好評発売中!雑誌「FX攻略.com 」連載中!

交換


【自転車】後輪チューブ交換(2回目)、自転車スタンドの故障修理

自転車がまたパンクしたので結局チューブ交換しました。

以前にタイヤ交換したので今回も同じ手順でちゃっちゃ終わらせました。
やっぱり2回目だと気持ち的にも楽ですね。
 
チューブはアマゾンで500円位で買えたのでだいぶ安上がり!
タイヤのネジレがないか何度もチェックしながらだったので結構時間を食いましたが、それでも1時間半と前回よりはだいぶ早くなりました。

ようやく完璧に治った自転車に乗れました!
ずっとバインバインする変な感触があったのが、ようやくスムーズに乗れるようになりました。
当たり前のことなんですが、達成感があったので結構感動しました。

修理後1週間以上使ってますが全然空気も抜けてないしタイヤにも違和感がないので今度こそ大丈夫だと思います。

●自転車スタンドが跳ね上がらない時は付け方が間違ってるか、ネジが緩んでいる可能性あり。
ちなみに、後で気付いたのですが、今回1箇所だけ部品を付け間違いました。
チェーンの後ろ側にネジで締めるところ(後輪の位置調整ネジ。「チェーン引き」。下図)があるのですが、その部品をタイヤ側につけるべきなのに、外側につけてしまいました。
20060716-R-Tire-Change-25
↑チェーン引き
http://www11.plala.or.jp/taka-lab/20060713-R-Tire-Change/R-Tire-Change.html より引用

その部品が邪魔なせいで、自転車スタンド(自転車を停車するときに立てるやつ)をつける時に、自転車本体にぴったりハマるはずの場所にハマらないことに。

やり直すとまたタイヤやチェーンを外さないといけないので物凄く面倒なので、正直やりたくないです。
なので、まあ何とかなるだろうと思っていたら、スタンドが上がりにくくなりました。

普通はバネの力でちょっと蹴ると自動で上に跳ね上がるのですが、私のはバネが効かなくなってしまい、いちいち上まで押さないといけなくなりました。

さすがに鬱陶しいので後日改めて治そうと思ってよく見たのですが、スタンドが正しい位置にハマっていないために動いてしまうのが原因でバネが作動しないことがわかりました。

なので、もしかしたらネジで強引に締め付けてスタンドを固定してしまえばバネが効くようになるかも?と思いやってみたら大成功!

組付けは間違ったままですが、何とか使えるレベルになりました。
ネジを強く締めただけなので壊れることはないでしょうし、次にタイヤ交換するまでこのままにしておこうと思います。

自転車修理したことのない人にはよく意味がわからない文章だったかもしれませんが、素人が修理に失敗した情報はあまりネットにないようなので、誰かの役に立てばいいなと思い書き残しておきます。

★★★ ブログランキング参加中!1日1回クリックお願いします↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

【自転車】タイヤに違和感がある時はタイヤがねじれてるか、タイヤにチューブが挟まってる(はみ出してる)

以前バルブの裏側がパンクしパッチがうまく貼れなかったと書きましたが、結局そこから空気が漏れるようになり2ヶ月ほどでパンクしました。

その時は仕方なくパッチを無理やり剥がし、上から綺麗に貼り直したのですが、1ヶ月後、今度は違うところがパンクしました。
どうにもパンクが多いと思い、色々調べたり実験してみたりしたのですが、ようやく問題点がわかったのでまとめておきます。

●タイヤがバインバインするときはタイヤがねじれてるか、タイヤにチューブが挟まってる(はみ出してる)。
これは、自分でタイヤ交換した時からあった問題で、タイヤが回転するとバルブ付近が接地するたびにバインバインとバウンドするような感覚・違和感(タイヤが凹んでいる感覚)がありました。

タイヤ交換直後だったので、タイヤが以前より柔らかいため変なバウンドするんだろうと思っていたのですが、全然違いました。
今回修理して初めてわかったことですが、これはチューブがねじれている時に起こるようです。

チューブがねじれている部分は空気を入れても膨らまないため、そこだけタイヤが凹みやすくなり、その結果バウンドするような違和感が生じていたようです。

同じようにタイヤにチューブが挟まってる(はみ出してる)時もバインバインします
この状態だとねじれたりはみ出しているところがすぐにパンクするので違和感を感じたらすぐに修理するのがよいようです。

●ねじれやすいチューブもある。
タイヤ交換前にも何度もパンク修理をしましたが、こんなにチューブがねじれることはなかったので、タイヤ交換後のチューブが微妙に自転車に合っていないようです。
規格・サイズは合ってるはずなんですけど、やっぱり微妙な誤差はあるんだと思います。

●ねじれに気付いた理由。
ねじれが原因だとわかったのは、あまりにパンクが多いのでいつもと違い念入りに調べながら修理したところ、虫ゴムを外し空気を抜いた時点でもタイヤをグイグイ引っ張ればチューブのつき方が見えることに気づき、よく見てみたらバルブの近くのところがねじれてました。
チューブを引き出してよく見たら、傷も螺旋状についており、やはりねじれていたことが明らかになりました。

●ねじれはよく見れば防げる。
チューブを押しこむ時に、タイヤをグイグイと引っ張りながら中の様子を確認するようにすれば、ねじれは防げます。

ネット上にはちょっと位のねじれなら空気を入れれば治るとか、軽く空気を入れてからタイヤを揉めば治るという情報が多く、私も以前の(タイヤ&チューブ交換前の)チューブではこれで大丈夫だったのですが、今のチューブではこの方法では治らないので、慎重を期して今後もよく確認するようにします。

●バルブ付近は要注意!
あと、バルブ付近はチューブがタイヤに挟まりやすいので、チューブをタイヤに収めた後にバルブを一度押しこむのがよいようです。
これを書いていないサイトもありますが、個人的にはやるのを推奨します。

チューブを全て押し込んだ後に、タイヤを無理やり押してバルブのそばにチューブが挟まっていないか確認すべきです。
片側だけでなく反対側に挟まっていないかもよく確認する必要があります。

●パッチを剥がすのは意外と簡単。
以前と同じ所から空気が漏れていたのでパッチを剥がしました。
剥がすのは難しいかもと思っていましたが、ちょっと強く引っ張っただけで剥がせました。

ネット上にはライター等で熱を加えないとだめ等と書かれてましたが、そんなことしなくても簡単に剥がせました。

●強くヤスリをかけた場合は一度表面を水洗いした方がよいかも。
パンクした場所が縦3cm、深さ1ミリほどの溝のようになっており、穴を塞いでもその横の溝から空気が漏れるといったことが起きてました。
なのでヤスリで溝の凹凸を小さくし、その奥までパッチで塞ごうと思い試してみたところ、直後にバケツで確認した感じでは穴は完全にふさがったようです。
 
ただし、やはり同じところから空気が漏れる可能性は高いので、念のためその周囲にも広めにパッチを貼っておきました。
これでも治らないならチューブ交換しかないようです。
幸いチューブはAmazonで500円位で変えるのでそれほどの出費にはなりません。

これについて後になってから思ったのですが、強くヤスリをかけた場合は表面を水で洗って細かいカスを取った方がよいと思います。
自転車屋でもヤスリの後は簡単に手や布で払うだけなので、通常はわざわざ洗う必要はないのですが、これはヤスリを軽くかけており、それほどゴムカスが出ていないためです。
強くヤスリをかけるとかなりゴムカスが出るので完全に取りきらないとパッチとチューブが接着できず、そこから剥がれやすくなります。

実際、私が剥がしたパッチには上記の溝にそって黒いカスがついていました。
接着面がオレンジ色のパッチだったので、その周囲と明らかに色が違っていたので気付きました。
やはり、ゴムカスはしっかり取っておいた方がよさそうです。

●パッチにはハズレもある。
いつも100均でパッチを買っているのですが、今回買ったのはハズレでした。
パッチ10個で100円のを買ったのですが、3つ使ってみたところ、3つとも透明なシートが剥がれにくくパッチの端まで剥がれてしまいました。

パンク修理の経験のない人にはわかりにくいかもしれませんが、パッチは銀紙と透明シートで挟まれており、銀紙を剥がしてからチューブに貼り付け、透明シートを剥がすという手順です。

今回のパッチでは透明シートを剥がすときにパッチまで剥がれてしまうのでかなり使いにくいです。
透明シートを貼ったままにしようかとも思いましたが、そこから剥がれやすくなるので、仕方なくハサミでシートの端だけ切っておきました。

●パッチは貼る前にパッチ接着面をよく見るべし。
また、このパッチは接着面に小さな凹凸があったのでそこがパンク穴に重ならないように注意しなければなりませんでした。
以前はこんなパッチはなかったのでよほど運が悪かったのかもしれませんが、こういうこともあるので気をつけねばと思いました。

ちなみに、このパッチは脆く、パッチをつけたところが数ヶ月後にまたパンクしてしまいました。
ダイソーの修理キットはイマイチお薦めできません。

こういうの↓を使えばよかったみたいなので、お薦めしておきます。レビューも高評価です。

PARKTOOL(パークツール) パッチキット VP-1C


色々面倒な思いをしましたが、ようやくパンクの原因がわかってよかったです。
もし今回の修理がダメでもチューブ交換すれば、今度こそ問題なく修理できそうです。

本の出版が一段落してようやく落ち着いてきた(雑誌連載でまた忙しくなるのですが。)ので、まとめておきました。
長い記事になってしまいましたが、分割するよりはよいと思うので、このままにしておきます。

★★★ ブログランキング参加中!1日1回クリックお願いします↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

自転車パンク修理に失敗!バルブ付近の修理は難しい

自転車がパンクしました!
自分で後輪を交換してからまだ半年位なのに。。

早いような気もしますがこんなもんでしょうか。
運悪く変なものでも踏んだのかもしれないし、素人なのでタイヤとかチューブの付け方が悪かったのかもという気もします。

パンク修理は何度も自分でやった経験があるので今回もちゃっちゃっと済ませようと思ったんですが、今回初めて失敗しました。

●バルブ裏側の修理は難しい。
バルブ(空気入れるとこ)の反対側がパンクしてて、この辺りは修理が難しいと以前どこかで見たので嫌な予感はあったのですがその通りになってしまいました。

パンク穴にパッチを張った後にハンマー等で強く押す工程があるんですが、反対にバルブがあるためうまく押せないんですよね。

仕方ないので頑張って指で強く押したんですが、どうもうまく押せてなかったらしくタイヤにはめる際にパッチの端だけ剥がれてしまいました。
ダメもとで再度ゴムのりを着けて強く押して見ましたがやっぱりすぐ剥がれてしまう。

一応穴はふさがってるので大丈夫かもしれませんが、パッチが穴のとこまで剥がれてしまったらアウトです。

調べてみた感じだと熱でパッチを無理やり剥がすとか、パッチの重ね張りも一応できるみたいですが、結構難しいようなので最悪の場合チューブ交換しなきゃいけないかもしれません。

やり方はタイヤ交換と同じなので、できないことはないけど面倒くさい!
とりあえず同じとこがパンクしないよう祈ります。

自転車はコスパ最高だと思うんですが、ちょこちょこトラブルありますよね。
もうちょい使う頻度を下げて歩くようにしようかなあと思いました。 
健康のためにも運動した方がいいみたいですしね。 

★★★ ブログランキング参加中!1日1回クリックお願いします↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
★私の本が出版されました!★↓

マンガでわかる FXの新常識ループ・イフダンでらくらく稼ぐ

七瀬です。FXで成功し30代で早期リタイア。ループイフダンの第一人者。雑誌連載中&著書好評発売中!

★お薦め ループイフダン検証ブログ  
アーカイブ
ランキング、RSS
ブログランキング参加中!1日1回クリックお願いします↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

セミリタイア ブログランキングへ

icon_rssRSS





★1日1回クリックお願いします↓
ブログランキング参加中!1日1回クリックお願いします↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

セミリタイア ブログランキングへ 雑誌「Yen SPA!」に掲載!ちきりんはSPA!が好き
記事検索
著作権等について
メッセージ
著書好評発売中!