自転車がまたパンクしたので結局チューブ交換しました。

以前にタイヤ交換したので今回も同じ手順でちゃっちゃ終わらせました。
やっぱり2回目だと気持ち的にも楽ですね。
 
チューブはアマゾンで500円位で買えたのでだいぶ安上がり!
タイヤのネジレがないか何度もチェックしながらだったので結構時間を食いましたが、それでも1時間半と前回よりはだいぶ早くなりました。

ようやく完璧に治った自転車に乗れました!
ずっとバインバインする変な感触があったのが、ようやくスムーズに乗れるようになりました。
当たり前のことなんですが、達成感があったので結構感動しました。

修理後1週間以上使ってますが全然空気も抜けてないしタイヤにも違和感がないので今度こそ大丈夫だと思います。

●自転車スタンドが跳ね上がらない時は付け方が間違ってるか、ネジが緩んでいる可能性あり。
ちなみに、後で気付いたのですが、今回1箇所だけ部品を付け間違いました。
チェーンの後ろ側にネジで締めるところ(後輪の位置調整ネジ。「チェーン引き」。下図)があるのですが、その部品をタイヤ側につけるべきなのに、外側につけてしまいました。
20060716-R-Tire-Change-25
↑チェーン引き
http://www11.plala.or.jp/taka-lab/20060713-R-Tire-Change/R-Tire-Change.html より引用

その部品が邪魔なせいで、自転車スタンド(自転車を停車するときに立てるやつ)をつける時に、自転車本体にぴったりハマるはずの場所にハマらないことに。

やり直すとまたタイヤやチェーンを外さないといけないので物凄く面倒なので、正直やりたくないです。
なので、まあ何とかなるだろうと思っていたら、スタンドが上がりにくくなりました。

普通はバネの力でちょっと蹴ると自動で上に跳ね上がるのですが、私のはバネが効かなくなってしまい、いちいち上まで押さないといけなくなりました。

さすがに鬱陶しいので後日改めて治そうと思ってよく見たのですが、スタンドが正しい位置にハマっていないために動いてしまうのが原因でバネが作動しないことがわかりました。

なので、もしかしたらネジで強引に締め付けてスタンドを固定してしまえばバネが効くようになるかも?と思いやってみたら大成功!

組付けは間違ったままですが、何とか使えるレベルになりました。
ネジを強く締めただけなので壊れることはないでしょうし、次にタイヤ交換するまでこのままにしておこうと思います。

自転車修理したことのない人にはよく意味がわからない文章だったかもしれませんが、素人が修理に失敗した情報はあまりネットにないようなので、誰かの役に立てばいいなと思い書き残しておきます。

★★★ ブログランキング参加中!1日1回クリックお願いします↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村